わきがの原因はアポクリン腺

汗を出す汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺は全身に存在する汗腺で、体温を調節する役割があり、汗の99パーセントは水分のため、ほとんどにおいはありません。
一方アポクリン腺は、脇の下や陰部、耳の中、乳輪などに限られ、白っぽい粘り気があり、タンパク質やアンモニア、脂質、糖質などが含まれるため、これらの成分が常在菌によって分解されることで、独特のわきがのにおいが発生します。

 

わきがになる人は、アポクリン腺の数が多いなど、生まれつきわきが体質であるため、思春期以降になるとにおいがきつくなってしまきます。
ただわきが体質だからといって必ずしもわきがになるわけではなく、脂っぽい食事など生活習慣によって発症するのは確率が高くなりますから、日頃から食事によって気をつけたり、汗をかいたらこまめに汗を拭き取るなどのケアをすることが大切です。

 

軽度のわきがの場合なら、市販のデオドラント剤などを使用すれば、においを軽減することができますが、重度においをなるとわきが治療を受けた方が効果的です。
わきが治療にもいくつか方法があり、メリットやデメリットもあるので、事前にしっかりとカウンセリングを受けて決断することをおすすめします。